スピーカ

前書き:スピーカーは日本語だと拡声器というらしいです。拡声器というと所謂メガホンのイメージがあるので意外でした。もしかすると声を拡張する、という意味なのかもしれないですね。

英語だとSpeakerだと話者のこととややこしいのでloudspeakerと表記するそうです。区別のためとはいえ、名前にloudってつけられるのやや可哀想ですよね。アホウドリ、みたいで。

 

スピーカー:スピーカーだよ、声だけの出演、ある日喋れるようになった

ウケイレ(卯景玲 うけいれい):主人公的な人、気弱に見えるけど出るとこでは出る感じ

コワガリ(小和賀理奈 こわがりな):怖がり、慣れたら大丈夫だけど慣れるまでビビり的な、下+くん呼び

ウタガイ(宇田凱):なんかしら疑ってしまう、ノリはチャラめ、下タメ呼び、多分サッカー部

シッタカブリ(漆田冠):知ったかぶりをする、やや真面目だが見栄っ張り、苗字+くん呼び、学級委員と図書委員を兼任してそう。

キヅカヌ(木塚縫 きづかぬう):気付かない人。

 

【第一場】とある通学路の真夜中

 

スピ「俺は喋るのが好きだ。喋ると、自分の声が反響して、周りの風景が何となく見える気がする。人に喋らされることもあるけど、別に気にはならない。だって俺はシャベルじゃなくてスピーカーだから。」

 

【第二場】とある通学路

 

(ぼんやり明転)

 

スピ「いやー、物心がついたときは混乱したんだけど、少し落ち着いたらだいぶ暇になってきたな。ここどこだよ?とか、今どういう状況だ?とよか、分からないことが多すぎて逆に考えることもないしな。暇すぎて誰もいないのに自己紹介とかしちゃったよ」

 

スピ「それにしても肌寒いなあ……人の家に入りたいもんだぜ」

 

(コワガリ、上手イン)

 

スピ「ちょっと、君!そこの君!」

 

コワ「え!何!?」

 

(周りキョロキョロ)

 

コワ「びっくりした〜」

 

(もう一度キョロキョロ)

 

コワ「なんだろ、空耳? 怖いな、早く帰ろ」

 

スピ「おいおい、ここだって!」

 

コワ「え、何々何? お化け? 怖いよ〜」

 

(コワガリ小走りで下ハケ)

 

スピ「俺はお化けじゃないよ!」

 

(シッタカ上イン)

 

シツ「今日も勉強大変だったな〜」

 

スピ「お、こいつは頭良さそうだな」

 

スピ「やあやあ、そこの君!」

 

シツ「なんですか?」

 

スピ「あの、お願いがあるんだけど」

 

シツ「お願い?」

 

スピ「助けて欲しいんだよ」

 

シツ「どういうこと?」

 

スピ「……ここ寒いんだよね、暖かいところに連れていってくれないか?」

 

シツ「え? 君機械だよね? 機械ってこの程度の寒さじゃ困らなくないか?」

 

スピ「おいおい、機械差別か? 機械だって暖かい方が嬉しいんだよ」

 

シツ「……」

 

シツ「最近のAIは進歩(進化)してるな〜」

 

(シッタカ下ハケ)

 

スピ「俺はAIじゃないよ!」

 

(ウタガイ上手イン)

 

ウタガイ「今日も部活楽しかったな〜〜百人抜き!ってな」

 

スピ「おー、ノリいいやつ来たぞ」

 

スピ「おーい、そこの君!!」

 

ウタ「え? うるさいな 今のいいとこだったのに というかスピーカーが喋った?」

 

スピ「喋るよ、俺はスピーカーだからな。でも、俺はただおしゃべりがしたいわけじゃない。助けて欲しいんだ」

 

ウタ「機械が人に助けを? 幻聴か、これ」

 

スピ「あっはっは、幻聴とこんなに会話噛み合うと思うか? 信じろよ」

 

ウタ「うーん、確かにそれもそうだな。じゃあ信じるとして、助ける、って具体的に何すればいいわけ?」

 

スピ「とりあえず、俺を暖かいところに連れて行って欲しいかな、できれば家とかがいい」

 

ウタ「あ……もしかしてこれドッキリか? カメラどこにあるんだろ〜」(スピーカーを持ち上げる)

 

スピ「ちょっ持ち上げないで、やめ、やーめろ、カメラはないって、俺はスピーカーなんだから!」

 

ウタ「分かりました、分かりましたよ。じゃあ僕はこれ以上絡まないので、うまいこと、カットしといてください。カットしといてください(客席見ながら)」

 

(ウタガイ下ハケ)

 

スピ「あー、待って……」

 

スピ「でも少しずつ良い感じになってきたな、この調子なら……っておお来たぞ」

 

(キヅカヌ上手インスピーカーの前で立ち止まってしゃがむも靴紐を結ぶだけ。その後歩いて下ハケ、スピーカーもしもし?などの言葉を投げかける)

 

スピ「ってここで素通りかーい!」

 

スピ「このままだとまずい…… 次は今までの反省を生かして……」

 

(ウケイレ上イン)

 

スピ「やあ〜、そこの君! こっちこっち!」

 

ウケ「え? はい?」

 

スピ「驚かないで聞いてくれ」

 

ウケ「はい」

 

スピ「俺はお化けでもAIでもないし、これはドッキリ番組の企画でもない。」

 

ウケ「はい」

 

スピ「で、俺はあなたにお願いがある」

 

ウケ「はい、なんでしょう」

 

スピ「ここ寒いんだよね、ここにいると動かなくなっちゃうから暖かいところに連れていって欲しいんだ」

 

ウケ「はあ、なるほど」

 

スピ「まあそういうことだから、よろしく頼むよ」

 

ウケ「いいですよ、うちにきましょう」

 

スピ「え、本当に? こんなにすんなり受け入れる人いる? 逆に怪しいな」

 

ウケ「じゃあやめておきますか?」

 

スピ「あー、いや、そういう意味ではございません。ありがとう、これからお世話になる人だ。名前を教えてくれ」

 

ウケ「ウケイレイ、レイでいいよ。」

 

(ウケイレ、スピーカーを持つ)

 

(フェードアウトの後フェードイン)

 

【第三場】家その1

(スピ、テンション高く喋っている)

 

ウケ「とりあえず、ここにいて。ちょっと狭いけど」

 

スピ(録音)「わかった」

 

ウケ「風呂入ってくるから」

 

スピ(録音)「わかった」

 

ウケ「静かに、するんだぞ」

 

スピ(録音)「わかった」

 

ウケ「さっきから同じ音声使いまわしてないよな?」

 

スピ「わかった(録音)使いまわしてないよ」

 

ウケ「おい」

 

スピ(録音)「すみませんでした」

 

ウケ「分かればいいんだよ」

 

スピ(録音)「すみませんでした」

 

ウケ「すみませんでした以外の言葉で謝ってみて?」

 

スピ「すみませんで(録音)ごめんなさい」

 

(ウケイレ、スピーカを見る、少し間)

 

スピ「まことに申し訳ありませんでした」

 

ウケ「楽しようとするなよ」

 

(ウケイレ上ハケ)

 

スピ「わかった」

 

スピ「いやー、受け入れ先が見つかってよかった」

 

スピ「でも、静かにしろってひどいよな、俺はスピーカーだぜ? 喋ってなんぼじゃねえか」

 

スピ「静かにしろ、って言われると少し騒ぎたくなるのがスピーカーの性ってやつだよな」

 

スピ「それでは参りましょう、第一回チキチキ声出してみようレース!」

 

スピ「この競技は家主にバレないようにできるだけ声のボリュームを上げていく種目で」

 

スピ「あ、あ、もうちょいいけるな」

 

スピ「ああーあー、もうちょい攻めてみよう」

 

スピ「ああーあーあー」

 

スピ「よし、MAXの声で行こう」

 

スピ「せーの」

(ウケイレ上イン)

 

ウケ「静かにしてたか〜」

 

スピ「はやっ、ちゃんと体洗ってるのか?(小声)。もちろんですとも」

 

ウケ「じゃ、寝るから。おやすみ〜」

 

スピ「はやっ、と言うかもう少し俺に興味持ってもいいんじゃねえのか? って寝た!?」

 

スピ「暇だな……少しくらいなら怒られないか」

 

(照明フェードアウト、やや明かりは残るスピーカに当てる感じ)

 

スピ「今日のラジオコーナ〜」

 

スピ「ラジオネーム、乙女座の一等星さんからの投稿です。」

 

スピ「筋肉をつけたいです。圧倒的なパワーで音より速いものを止めたいです。どれくらい鍛えたらそうなれますか? 乙女座の一等星さん、素敵なお便りをどうもありがとう、自分を高(める心がけ、素晴らしいと思います)」

 

ウケ「こらこら静かにしてくれよ。」

 

スピ「すみませんでした」

 

スピ「ていうかその体勢でよく寝られるな」

 

(照明フェードアウト)

 

(照明フェードイン)

 

(ウケイレ、起き上がる)

 

ウケ(独り言ヴォイス)「お〜、久しぶりに自分で起きたなあ」

 

スピ(録音)「起きろ!」

 

スピ、ウケ「わっ!」

 

ウケ「起きてるよ、てか、なんで自分で驚いてるんだよ」

 

スピ「自分の声を目覚ましにしてるんだ、寝てから9時間後にセットしてて」

 

ウケ「へー、便利だねえ」

 

スピ「なんなら1分後とかにも設定できるよ、やってみるね」

 

ウケ「ふーん」

 

ウケ「そういえばさ、スピーカーって日本語でなんていうんだろうね?」

 

スピ「なんだろう、分からないな」

 

(ウケイレ、ポチポチ)

 

ウケ「拡声器って言うのか、へー」

 

スピ「この声は俺の等身大の思いなのにさ」

 

ウケ「……」

 

(少しだけ間)

 

スピ「起きろ!」

 

ウケ「フッ」

 

スピ、ウケ「ハハハハハ」

 

スピ「そういえば、時間大丈夫なの?」

 

ウケ「え、寝てから9時間後ってことは今7時すぎたくらいでしょ? まだ余裕だよ」

 

スピ「ごめん、あの後寝付けなかったから…… 今は7時45分だよ」

 

ウケ「え! 遅刻する! 急がなきゃ! じゃあね!」

 

(ウケイレ、諸々の準備をちゃちゃっと済ませてから上ハケ)

 

【第四場】学校

 

(コワガリ、シツタカ、下イン)

 

(ウタ上イン)

 

ウタ「昨日さ、帰り道にドッキリ? 的なやつに遭遇したんだよ!」

 

コワ「えー、どこで?」

 

ウタ「ほら、大通り曲がって直ぐの、」

 

シツ「ショートカットで使う」

 

ウタ「そうそう」

 

コワ「あれ、ドッキリだったのか〜 本物のお化けかと思ったわ〜〜」

 

ウタ「え? お化けのドッキリじゃなくてスピーカーが話しかけてくるドッキリだったよ」

 

コワ「何それ、スピーカーが話すのは当たり前じゃないの?」

 

ウタ「いやいや、生きている感じで話してきたよ。あ、まさかお前、怖いよ〜、みたいな感じで逃げ出したのか? こりゃ傑作だぜ、コワガリナ君。絶対オンエアされるよ」

 

コワ「うわー、やば、はずかし〜、あ〜、マジか〜」

 

シツ「いやいや、それは違うよ、ウタガイ君。もし、ドッキリだったらネタばらしが直ぐにあるはずだろ? それがないってことは、あれはドッキリじゃなくてAIか何かってことだよ」

 

ウタ「いやいや、何をおっしゃるシッタカブリさん。いまどきのAIはあんなに柔軟に喋れないでしょ」

 

シツ「いやいやいや」

ウタ「いやいやいや」

 

(ウケイレ、上イン、歩きながら)

 

ウケ「しかし、一定時間後に声飛ばせるのすごいよなあ…… 同じことを人間がやろうとしても結局は喋る直前に、『喋ろう』と思ってから喋ることになるもんなあ……」

 

コワ「あ、玲くん。どうしたの?」

 

ウケ「いや、人間って『喋ろう』と思わずに喋ることってできないよね、みたいな」

 

コワ「え? どういうこと?」

 

ウケ「あ、ごめんごめん、こっちの話。 (二人見て)ところで、二人は何を嫌がっているの?」

 

コワ「いや、二人は嫌がってるんじゃないよ。昨日、ショートカットの道にスピーカーがいたらしいんだけど、それがAIかドッキリかどっちだ、で揉めてる。」

 

ウケ「へ、あ〜〜、ほ〜〜、なるほど」

 

ウタ「聞いてくれよ、カブのやつ、自分の意見ばっかりで、全然話聞かないんだよ」

 

シツ「確たる証拠を突きつけたのにウタくんが全然認めようとしないんだよ」

 

ウタ「玲もドッキリ番組だと思うだろ!?」

シツ「うけい君もAIだと思うだろ!?」

 

ウケ「まあ〜どっちの可能性もあったりなかったりするんじゃないかな〜〜」

 

(キヅカヌ、下イン、四人の周りを小走りで通り過ぎ、上ハケ)

 

コワ「あれ、ヌウくんだ。次の授業移動みたいだよ」

 

シツ、ウタ「え、やば!」

 

ウケ「ほらほら、行かないと〜〜」

 

(ウケイレ、上ハケ)

 

ウタ「今日の放課後確かめに行くからな」

 

シツ「望むところだ」

 

(残り3人も上ハケ)

 

(薄暗くなる)

 

【第五場】とある通学路 再、家 再

 

(コワガリ、ウタガイ、シツタカ上イン)

 

コワ「ちょっと怖いよ、やめようよ」

 

ウタ「スピーカー相手に何ビビってんだよ、」

 

コワ「分かっていても少し怖いよ、そういうもんだよ」

 

ウタ「じゃあしょうがないから、そこで見てな。ここでカブとの決着着けるところをよ。」

 

シツ「そうさ、この調査でどちらが真相を語っていたのか、明かそうじゃないか」

 

コワ「あーもう、ヌウくんも玲くんはなんでいないんだよー」

 

ウタ「ヌウはいつも気付いたらいないけどさ、玲は授業終わって直ぐに帰るなんて、付き合い悪いぜ」

 

シツ「伝えてなかったんだからしょうがないだろう、それより、ほら、さっさと調べるぞ」

 

ウタ「確か、この辺だったよな」

 

シツ「うむ、私もこの辺で見た」

 

コワ「見当たらないね……」

 

シツ「ないみたいだね」

 

ウタ「ってことはここでのドッキリはもう回収されたってことか」

 

コワ「それなんだけど、さっき調べたら、テレビのドッキリは必ずネタバラシしないといけないみたいだよ」

 

ウタ「え、ドッキリじゃないのか。じゃあ誰かが持って行ったとか、そんなとこじゃね?」

 

シツ「いやいや、あんなものを持って帰る人なんていないでしょ」

 

ウタ「でもAIなんて便利なものなら誰か持って行っちゃうんじゃね?」

 

シツ「ペチャクチャ喋る変なAIを欲しがる人なんかいないだろう。それに、私は自習をしていて最後まで学校に残っていたんだ、そのとき外はだいぶ暗かったし、そもそもこの道はうちの生徒くらいしか使わないでしょ」

 

コワ「まさか本当にお化けだったんじゃ……」

 

(キヅカヌ、上イン3人を通り過ぎて、下ハケ)

 

ウタ「あれ、ヌウじゃね?」

 

シツ「普段から通っているのかな?」

 

コワ「話を聞いてみようよ」

 

(ウタ、シツ、コワ3人下ハケ)

(同時にウケイレ、上イン)

 

ウケ「いい湯だった〜」

 

スピ「スーハースーハースーハー」

 

ウケ「うわっ!」

 

スピ「お、どうした?」

 

ウケ「今の音何? というか何してんの?」

 

スピ「息の練習だよ、息吸う音がある方が親しみも湧くかなあと思ったんだけど、普段呼吸してないから練習してるわけ。どうよ?」

 

ウケ「なんか違う、ちょっと怖いし」

 

スピ「そうか、もっと研究する必要があるな……」

 

ウケ「そんなことよりさ、一定時間後に声を飛ばす機能を応用して、逆一人聖徳太子、できるんじゃないの?」

 

スピ「逆一人聖徳太子?」

 

ウケ「ほら、聖徳太子って一度に十人の話を聞いたって逸話あるでしょ、でも君は一度に十人分の話をすることができるわけじゃん? そういう感じの」

 

スピ「なるほど。俺が一度に複数の単語を言うから、それをレイが当てるっていうルールの遊びだな?」

 

ウケ「そうそう。じゃあ逆一人聖徳太子の準備をお願いします」

 

スピ「いいけど、ちょっと時間かかるよ、っていうか聖徳太子は元々一人じゃない?」

 

ウケ「細かいことはいいの」

 

(しばらく間)

 

ウケ「まだ?」

 

スピ「ちょうど始ま」

 

スピ「ぶどう/れもん/りんご/いちご/みかん/きうい/ざくろ/ばなな/らいむ/すもも」

 

ウケ「…… 道理で時間かかると思ったよ。いきなりそんなにたくさん当てるのは無理でしょ、やや聖徳太子くらいから始めようよ」

 

スピ「ごめんごめん、やや聖徳太子、ね、やや。じゃあ次は3つくらいにするよ」

 

ウケ「よろしく」

 

スピ「だんご/ごぼう/あいす」

 

ウケ「だんごとあいすとごぼう、かな?」

 

スピ「正解」

 

ウケ「他にも問題出してよ。」

 

スピ「そういうと思ってもう3秒後に用意してあるよ」

 

スピ「(もう一問)」 (電気/微分/こけし)

 

ウケ「(正解する)」

 

スピ「2問連続で正解するとは、なかなかやるな。でも次の3問目は少し難しくしたからな、簡単には分からないぜ」

 

ウケ「眠くなってきたし、寝るわ」

 

スピ「おい、レイがやろうって言い出したんだぜ? もう少し遊ぼうぜ」

 

ウケ「おやすみ〜」

 

スピ「5秒後にもう準備できてますよ〜、ってダメだ、もう寝てやがる、相変わらず変な寝方だな」

 

(暗転)

 

スピ「(3問目、五個5文字)」 (アンタレス/鏡餅/文化の日/玉手箱/自然数)

(ウケ、下ハケ)

 

【第六場】とある路地

 

(照明フェードイン)

 

(ウタ、シツ、コワ上イン)

 

シツ「見失ったね……」

 

ウタ「見つけたと思ったらすぐいなくなる、の繰り返しだったな」

 

コワ「まるで忍者みたいだったね」

 

ウタ「どうしよう、土日挟むから次会えるの月曜日だよ、」

 

コワ「ヌウ君の家知ってる人いないの?」

 

シツ「3ヶ月前に引っ越したらしいんだけど、それから家に遊びに行ってないから分からないな」

 

ウタ「見つからないなら、もう諦めて、他の手がかりを探すしかないよ」

 

コワ「でも他の手がかりなんてないんじゃない?」

 

シツ「ドッキリとかAIとかでうちの高校の生徒のSNSをサーチしてみればいいんじゃない? スピーカーを見た人がいれば、絶対に何かしら発信してるはずだよ」

 

ウタ「どうだろう、そもそも君より後に他の生徒は通ってないと主張していたのは君自身じゃないか」

 

コワ「今、パッとサーチしてみたけど、僕たちの知り合いで出くわした人はいないみたいだよ」

 

シツ「じゃあ駅前の電気機器を扱っている店を探すのはどう? ここから一番近いし、何らかの情報が手に入るだろうし」

 

ウタ「確かに……!たまには冴えるじゃないか、早速行こうぜ!」

 

コワ「今から行くの!? 今日はもう遅いし暗いから明日にしようよ」

 

シツ「しょうがないなあ、じゃあ、明日9時に駅前に集合にしよう、それくらいなら店も空いているだろうし」

 

ウタ「オッケー」

 

コワ「じゃあまた明日」

 

(ウタ上ハケ、コワ下ハケ、シツ客席の方に歩く)

 

(暗転)

 

【第七場】朝の駅前、朝の家

 

(人混みSE)

 

(明転)

 

(シツ、板付)

 

シツ「もう9時45分だってのに、なんで私しかいないわけ!? 店も開いてないし」

 

(コワ下イン)

 

コワ「ごめん、寝坊しちゃって……」

 

シツ「いいよ、まだウタくんは来ていないし、店開いてなかったし。でも、寝坊なんて珍しいね」

 

コワ「もしかしたらお化けかも、って思ったら眠れなくて」

 

シツ「本当に怖がりだなあ。でも大丈夫だよ。今日こそ真相も分かるだろうし」

 

コワ「そうだといいけど……ガイくん、来てないんだよね。もしかして呪い的な何かかも」

 

シツ「あいつに限ってそれはないって。いつも時間通りには来ないじゃん。」

 

コワ「でもガイ君、いつも15分くらい遅れる程度で、大幅に遅れることなくない?」

 

シツ「確かに、いや、でもまさかなあ……」

 

(ウタ上イン)

 

ウタ「やあ、おはよう」

 

シツ「遅い」

 

シツ「よかったね、呪いはなさそうだよ」

 

コワ「からかわないでよ〜」

 

ウタ「あ、まだお化けを怖がっているのか」

 

コワ「うるさい、というかなんで遅刻したわけ?」

 

ウタ「ああ、それは電気屋って9時なんて早い時間からやってないよなあ、と思って家で調べたらやっぱり10時だったから集合場所に行くの9時40分くらいでいいかなあ、と思って」

 

シツ「はあ!? じゃあ私たちにも連絡しなさいよ!」

 

ウタ「ごめんごめん、そういうドッキリかなあ、と思って」

 

コワ「そんなしょうもないドッキリ、誰も仕掛けないよ」

 

ウタ「それは分からないだろ? それに警戒しておいて損ってことはないからな。お? 少し早いけど、もう開いてるみたいだ」

 

(ヤマダ電機偽BGM byスピーカー)

 

(三人下ハケ)

 

(ウケ上イン)

 

ウケ「その曲、どっかで聞いたことあるな……」

 

スピ「そりゃそうだろうな、全国展開してるからな」

 

(少し間)

 

ウケ「ところでさ、君はそもそもなんであんなところにいたわけ?そろそろ聞かせておくれよ」

 

スピ「それがな、今の俺、つまりこうして自由に喋ることができる状態になった俺のことなんだが、が誕生したのがあそこに置かれてからなんだよ。それ以前の記憶は所々おぼろげにしかないんだ。だからなんであそこにいたのかはよく分からないんだよね」

 

ウケ「そうなのか」

 

スピ「まあ、過去のことは別にいいじゃねえか、それよりもっと色んな人間と話がしたいぜ」

 

ウケ「人とおしゃべりしたいのかい? いいよ、土日明けたら学校の友達連れてくるよ」

 

スピ「待ちきれねえなあ」

 

ウケ「……あっ、思い出した。さっきの曲。駅前の花子電気の店内BGMだよ。なんだ、あれかホームシック的なやつか。そうだよな、お前、スピーカーだもんな、可愛いやつめ、連れていってあげるよ」

 

スピ「ちょ、そういうのじゃないって、やめろ、息が、モゴゴ」

(ウケ、スピーカーを黒い幕的なもので包む)

 

ウケ「普段は息しないのに、変なアピールしないの」

 

(ウケ、何かの袋にスピーカー入れて上ハケ)

 

【第八場】昼の電機店

 

(ウタ、シツ、コワ下イン)

 

シツ「結局手がかりは見つからなかったね」

 

ウタ「いやいや、そのようなAIはまだ市場には出回ってないという話が店員から聞けたじゃないか、これは大きいでしょ。君の説も正しくなさそうと分かったわけだし。」

 

シツ「いや、しかし、そうなると……」

 

コワ「残るはもうお化けだけだよ〜」

 

ウタ「お化けはないんじゃない? 俺、あれに普通に触(さわ)れたし。それよりもむしろ宇宙人とかの可能性とかの方がまだある気がする。」

 

コワ「宇宙人!? それもそれで怖いよ……」

 

ウタ「それはそれとしてお腹空いたし、昼ごはん食べに行かね?」

 

(ウケ、この辺で上イン、上側で様子見)

 

コワ「うん、僕もお腹空いてきたから何か食べたい」

 

シツ「全く、神経が太いんだか細いんだかよく分からないね」

 

(ウタ、シツ、コワ「何食べるー?」みたいなこと言いながら上ハケ)

 

ウケ「あの三人、まだやってるのかなあ。」

 

スピ「モゴゴモゴ」

 

ウケ「なんだなんだ? 大声だけは出さないでくれよ?」

 

スピ「今の三人、レイに会う前に会った奴らだろ? 何してるんだ?」

 

ウケ「うん、多分そうだよ、彼らは君の正体について調査してるみたいだよ。 それにしてもよく声だけで分かったな」

 

スピ「そりゃあ、なんたって俺はスピーカーだからな」

 

ウケ「土日明けに連れてこようと思ってたの、彼らなんだけど、どう? 俺が間取り持つからさ」

 

スピ「どうせなら、早い方がいいな、今日とか。」

 

ウケ「ほんと? じゃあ追いかけようか」

 

スピ「いや、電気店回ってからでいいよ、また外出ることになるのはごめんだし。ほら、太陽光とか苦手なんだよね。シールにも書いてあるだろ? 直射日光はお控えください、って」

 

ウケ「それってそういう意味だったのか〜」

 

スピ「それに、最近の若いのはスマホ、とかいうやつですぐ連絡取れるんだろ?」

 

ウケ「確かにそうだね、とりあえず連絡だけはしておくよ…… よし、じゃあ行こうか」

 

(ウケ下ハケ)

 

【第九場】立ち食い牛丼屋

 

(「へいらっしゃーい」SEまたは、裏からキヅカヌが声出すとか)

 

(三人、上イン)

 

シツ「どこも混んでて空(あ)いてるのはここだけだね」

 

コワ「お腹空(す)いたね〜」

 

ウタ「空(す)いてるのに普通盛りでいいのか?」

 

コワ「僕小食だから」

 

ウタ「ふーん、そうか」

 

シツ「そういう君もお腹空いてるとか言ってた割に普通盛りじゃない」

 

ウタ「大盛りにすると肉と米の配分が難しいんだよね」

 

シツ「何よそれ、まあいいや、私も普通盛りにしようかな」

 

(食うところへ歩く)

 

(「牛丼一丁、牛丼一丁、牛丼一丁」ハケorSE)

 

ウタ「牛丼3丁でよくね?」(独り言)

 

コワ「レイくんから、今どこいる? だって」

 

ウタ「またない屋にいるって言っとけ」

 

(ここで右から順番に牛丼来るのでどうも、的な感じで)

 

(こっから適宜牛丼を食べるアクト)

 

(コワ、写真撮る)

 

コワ「なんてタグ付けしようかな」

 

シツ「牛丼って英語でなんていうか知ってる?」

 

ウタ「え、beef bowlだろ?」

 

シツ「違うよ、ビーフ、丼だよ」

 

ウタ「ビーフ、丼?」

 

シツ「そう、丼はもう日本語のまま伝わっちゃてるんだよね〜、モッタイナイとかカロウシみたいに」

 

コワ「そうなんだ、じゃあビーフ、丼でタグ付しておこうか」

 

ウタ「そうだったかなあ……」

 

ウタ「で、この後どうする?」

 

シツ「どうする、って言っても」

 

コワ「もうあとは宇宙人くらいしかないし、UFO博物館とか行く?」

 

ウタ「近くにそんなのある?」

 

(ハケ裏から「はい、いつもお疲れ!」キヅカヌが言ってもいいんじゃないかな)

 

(キヅカヌ(バンダナ)、下イン三人の後ろを通って上ハケ)

 

コワ「あれ、ヌウくんじゃない? ここでバイトしてるんだね」

 

(ウタ、慌ただしく牛丼を食い尽くす)

 

コワ「どうしたの? ゆっくり食べた方がいいよ?」

 

ウタ「何ぼーっとしてるんだよ、ヌウ捕まえるぞ、昨日のリベンジだ」

(この間にシツも食い終わってごちそうさまでしたと小さく言うなりしてください)

 

シツ「よし、行きますか」

 

コワ「二人とも食べ終わるの早くない!?」

 

ウタ「おい、また逃げられちまうぞ」

 

コワ「ちょっほまっへ」

 

ウタ「先行ってるぞー」

 

シツ「ごめんね、コワちゃん」

 

(ウタ、シツ上ハケ)

 

コワ「あーもう、二人とも、ヌウくん追いかけてどうするつもりなんだろう……」

 

(コワ食べ終わってから上ハケ)

 

【第十場】 牛丼屋近く

 

(ウケ下イン)

 

ウケ「どう? 懐かしかったか?」

 

スピ「前も言ったけど、うっすらとした記憶しかないから、そういうのはないって。でもまあ、人がたくさんいて面白そうな場所ではあったな。」

 

ウケ「また行くか」

 

スピ「まあ晴れてなければな。それより連絡きてないか?」

 

ウケ「わかった。あっ、連絡きてたわ。さっきの3人組、すぐそこのまたない屋にいるってさ」

 

スピ「そうかい」

 

ウケ「緊張してるの?」

 

スピ「まさか、俺はスピーカーだぞ?」

 

ウケ「なんだよそれ、関係なくないか? まあいいけど。行こうか」

 

(コワ上イン)

 

コワ、ウケ「あっ!」

 

スピ「この声、あの時のヘタレだな!」

 

コワ「ヘタレ? っていうかこの声あの時のお化け!?」

 

スピ「ここだよ、ここ」

 

コワ「昼間からお化けなんて勘弁だよ〜」

 

スピ「スーハースーハースーハー」

 

ウケ「落ち着いて。そして、お前も隠せ、息を!」

 

スピ「誰が拡声器だ、俺はスピーカーだ」

 

ウケ「それはごめん。 (コワに向かって)でな、こいつをお前に紹介したいんだ。こいつはお化けじゃなくて、」

 

コワ「そうだ、レイくん、そいつはお化けじゃなくて、もしかしたら宇宙人かもしれないんだ」

 

ウケ「宇宙人?」

 

(キヅカヌ(白パーカーフード被りおでこサングラス)、下イン)

 

(キヅカヌ、ウケコワの方を向く)

 

コワ「え、こっち見てない?」

 

(キヅカヌ、近付く)

 

コワ「なんか近づいて来てる、逃げよう!」

 

ウケ「え?」

 

(ウケ、コワ上ハケ)

 

(キヅカヌ続いて上ハケポケモンGOなどをしている)

 

【第十一場】 追い道

 

(ウタ、シツ下イン)

 

ウタ「リナのやつ、いなくなったな」

 

シツ「え、どうするの? 置いていくのは可哀想じゃない?」

 

ウタ「まあどうにかなるっしょ、後で連絡しとけば」

 

シツ「後、今追いかけてる人本当に木塚くんなの? パーカー着てたっけ?」

 

ウタ「着替えただけだろ? この距離で見失うわけないだろうし」

 

シツ「そうかなあ……」

 

ウタ「クソ、食ってすぐじゃなければもっと速く走れて、今頃捕まえてるっていうのに。それに、カブがさっき言ってた腹が痛い時の対処法全然効かないし」

 

シツ「え、私には効いてるけど」

 

ウタ「それプラシーボじゃねえのか? あ、左曲がった」

 

 (ウタ、シツ左に曲がる)

 

ウタ「おい、カブ、スピード落ちてきてるんじゃねえの?」

 

シツ「なにぃ?」

 

(シツ、ダッシュでウタ抜かす)

 

シツ「ウタくん、疲れたら休んでもいいんだよ?」

 

ウタ「ああん?」

 

(ウタ、ダッシュで追い抜かし、煽る)

 

(シツ、追い抜かし返す)

(2回くらい繰り返す)

 

シツ「また左!?」

 

(シツ、ウタその場で左に曲がる(ので、後ろを向いている))

 

シツ「え、これどっちに行ったんだ?」

 

ウタ「二手に分かれよう、先に捕まえたら勝ちで負けたらアイスおごりで。」

 

シツ「いいけど、道は私が先に選(ばせてもらうよ)」

 

ウタ「じゃあ俺こっち行くわ」

 

(ウタ、下ハケ)

 

シツ「勝手に決めるなっての」

 

(シツ、上ハケ)

 

【第十二場】 牛丼屋から離れる道

 

(ウケ、コワ上イン 早歩きくらいの走り)

(ウケ、スピーカ抱えている)

 

ウケ「なんで逃げてるわけ?」

 

(ウケ振り向こうとする、コワ止める)

 

コワ「振り向いたら、ダメ。君が持っているそれは宇宙人の子供的なやつで、きっと親的なやつが取り返しにきたんだよ」

 

ウケ「なるほどね、でも親御さんならこの子は返したほうがいいんじゃないのか」

 

(ウケゆっくりになりつつ後ろに下がり、立ち止まる)

 

コワ「ダメだよ、捕まったら子供だけじゃなくて私たちも連れていかれちゃうよ」

 

(コワ、ウケを前に押し出す)

 

ウケ「分かった、じゃあここに置いていくのはどう?」

 

スピ「ちょ、それはやめてくれよ。もっと人と話したいぜ」

 

ウケ「って言ってるけど」

 

(ウケ立ち止まる)

 

コワ「ほら、地球の情報を集めようとしてるよ、やばいって」

 

(コワ、ウケを前に押し出す)

 

スピ「いやいや、どう見ても俺は地球製のスピーカーだって。宇宙人だったらスマホとかに化けるだろ!?」

 

ウケ「って言ってるけど」

 

(ウケ、立ち止まる)

 

コワ「もういいから逃げて!」

 

(コワ、ウケを前に押し出す)

 

スピ「あんまり揺らさないでくれよ、酔う」

 

ウケ「って言ってるけど」

 

スピ「おい、さっきから音声使いまわしてるだろ」

 

コワ「いいから、それは、置いて」

 

ウケ「ごめん、後で迎えに行くから~」

 

(ウケ、コワ下ハケ)

 

スピ「待ってるよ〜」

 

(キヅ、上イン)

 

スピ「足音で分かるぜ、あんたあの靴紐結んでたやつだろ? 俺はスピーカーだからな もしもし? もしあの二人を追いかけているなら俺も連れて行ってくれないか? 頼むよ」

 

(キヅ、スピの前で立ち止まる)

 

スピ「今度こそ、気付いてくれたんだな」

 

(キヅ、靴紐を結び直す)

 

スピ「いや、靴紐はもういいよ、ていうかもっときっちり結んどけよ、二日連続でほどけるくらいなら、バリバリする靴にしとけよ」

 

(キヅ、下ハケ)

 

スピ「あー、また一人、いや、一台か。レイは迎えにきてくれるって言ってたけど、時間かかるだろうし、暇だな……」

 

(シツ、上イン)

 

シツ「追いつきそうなのに、追いつけない。まるで、アキレスと亀だよ」

 

スピ「いや、普通に追いつけてないだけだろ」

 

(シツ、スピを見る)

 

シツ「あ! あの時のスピーカー! でもごめん、今はあなたの正体のヒントを追いかけないといけないから!」

 

スピ「本末転倒!」

 

(シツ、その場でこける)

 

スピ「いや、そういう意味じゃねえよ」

 

スピ「落ち着いて考えろ? 本人、いや、本台ここにいるでしょ!?」

 

シツ「確かに。じゃあ正体について教えてよ。」

 

スピ「いいだろう、その代わり、俺をレイの元に運ぶのとその間の話し相手になってくれ」

 

シツ「あんたうけいくんと知り合いなの?」

 

スピ「まあそんなところだ」

 

シツ「分かったよ、ってことで教えて」

 

スピ「(咳払い)俺はな、スピーカーなんだ(イケボ感、セルフエコー)」

 

シツ「……え?」

 

スピ「どうした? 俺の美声に聴き惚れているのか?」

 

シツ「そんなことは見れば分かるよ、私たちが知りたいのはもっと本質的なところなんですけど」

 

スピ「本質も何も俺は自分で喋ることができるスピーカーってだけだよ」

 

シツ「うーん、釈然としないなあ……あ! そういえば木塚くん先に捕まえないとあいす奢りなんだった! 行かなきゃ!」

 

スピ「おいおい、約束は?」

 

シツ「でも君持って走ってたら、確実にウタくんに負けてしまうよ、後で来るから」

 

(シツ、行こうとする)

 

スピ「待ちな、街中でも俺ならあいつの足音を頼りに道案内することができるぜ、強力な助っ人、いや、助っカーになると思うぜ。どうだい?」

 

シツ「それは便利だね」

 

スピ「そりゃそうさ、何たって俺はスピ」

 

シツ「じゃあ行こう」

 

(シツ下ハケ)

 

【第一三場】 もう少し進んだ道

 

(ウケ、コワ、下イン)

 

(ウタ上イン)

 

ウタ「あれ、リナとレイじゃん、どうしたの?」

 

コワ「大変なんだ、今宇宙人に追われていて」

 

ウタ「え? そもそも後ろには誰もいないよ?」

 

(三人止まる)

 

コワ「助かった……」

 

コワ「そうそう、スピーカーなんだけどレイくんが持っていたよ」

 

ウタ「え、あのスピーカーはレイのものってこと?」

 

ウケ「僕のものっていうか、僕の家に住んでるっていうか」

 

コワ「でね、それが宇宙じ(んの子供的な)」

 

ウタ「あのドッキリお前が仕掛けたのか!? どうりでネタバラシがなかったわけだぜ」

 

ウケ「え?」

ウタ「流石に性格悪いぜ、もう少し早くネタバレしてくれたっていいだろ?」

(キヅカヌ、下イン)

ウケ「いや、違うって」

ウタ「だから、昨日の朝の時の返答、歯切れ悪かったのか」

コワ「やばい、宇宙人近づいてきてるよ」

ウケ「ちょ、二人とも落ち着いて」

 

ウタ「一緒に探そうって言っても参加しなかったし」

 

コワ「あー、どこかに連れていかれちゃう〜」

 

(キヅカヌ真ん中へ移動しつつ、三人は騒ぐ)

 

(シツ下インして、キヅカヌの手か何かを掴む)

 

シツ「見つけた!」

 

スピ「もう少し速く走れただろ」

 

シツ「あんたがペラペラ無駄話するからでしょ」

 

(コワ、キヅを見てウタ、シツスピを見る)

 

コワ「なんだヌウくんだったのか……」

 

(キヅ、てへぺろ的な感じでニコッとする)

 

シツ「昨日、今日と追いかけてて疲れ果てたよ」

 

ウタ「というかなんでカブがスピーカー持ってるんだ?」

 

シツ「色々あったんだよ」

 

ウケ「まあそういうこともあるよね」

 

スピ「レイもいるのか」

 

ウケ「迎えに行けなくてごめんな」

 

スピ「本当だぜ、乗り心地悪くて酔っちまったよ」

 

シツ「本当にペチャクチャよく喋るスピーカーね。ところでこれはどういう状況なの?」

 

コワ「大変だったんだよ、あの後ね……」

 

(フェードアウト)

 

【第十四場】 その後

 

(フェードイン)

 

ウケ「ということで、こいつがスピーカーの……」

 

コワ「スピーカーの?」

 

ウケ「スピーカーの……名前は分かんないけど」

 

スピ「スピーカでいいよ」

 

シツ「あんまり変わってないし、それ人間がニンゲって名乗る感じだよ?」

 

スピ「別にいいよ。俺だと分かれば。スピーカーよりはキリッとしてるし」

 

ウタ「しかし、本当にスピーカー自体が喋ってるのか? すげえなあ」

 

スピ「すごいだろう」

 

ウタ「後、一つ聞きたいんだけどスピーカに会ったことある人はここにいる人で全員か?」

 

スピ「ああ、そこのヘタレ、運搬人、ドッキリ、靴紐結び、後、レイの五人だけだな」

 

コワ「古和賀理奈だよ。」

シツ「漆田冠です。」

ウタ「宇田凱」

キヅ「……」

(四人同時)

 

ウケ「あはは、被っちゃったね。じゃあもう一度」

 

スピ「大丈夫。ちゃんと聞こえた、俺はスピーカーだからな。コワガリナにシツタカブリにウタガイだな。一人、多分靴紐結びが名乗っていない気がするが」

 

ウタ「ああ、こいつだな。こいつは木塚ヌウだよ。っておい、人の話聞いてるか?」

 

キヅ「え、ごめんボーッとしてたわ」

 

シツ「この期に及んで?」

 

ウケ「あ、もうこんな時間だ。そろそろ帰ろう」

 

(キヅ、下ハケ)

 

コワ「もう少しスピーカくんと話がしたかったなあ」

 

シツ「もう怖くないの?」

 

コワ「大丈夫だよ、だってスピーカくんが喋ってるだけでしょう?」

 

スピ「話が分かるやつだな。じゃあ明日また集まろうぜ、公園とかでも、レイんちでもいいぜ」

 

ウケ「勝手に話進めるなよ、まあいいけど」

 

ウタ「いいのかよ」

 

シツ「なら、明日は10時にうけいくんの家に集合で」

 

ウケ「それは早くない?」

 

ウタ「家の開店時間はそんなに早くないぞ」

 

シツ「失礼、じゃあ13時で」

 

ウタ「おっけー」

 

コワ「じゃあまた明日」

 

(後ろに移動)

 

(暗転)

 

【第十五場】 家with気付いてる皆

 

(コワ、シツ、ウケ、ウタ板付)

 

ウタ「お邪魔しまシザース」(サッカーのシザースしながら靴を脱ぐ)

 

スピ「ナイスシザース!」

 

ウタ「メッシ(何かしらの有名選手)だからね」(有名選手のユニフォーム見せながら)

 

スピ「ナイスメッシ!」

 

シツ「メッシはシザースしないらしいよ、というか今日は遅刻しないのね」

 

ウタ「普通に午前起きるのが大変なだけだって」

 

コワ「というかヌウくんいなくない?」

 

シツ「あ、さっき連絡したら、ごめん約束の話聞いてなかった〜って、きた、顔文字付きで」

 

スピ「顔文字つきなら仕方ねえな」

 

シツ「スピーカに顔文字が分かるの?」

 

スピ「こう、ニコッ、ピシッみたいな感じだろ?」

 

ウタ「なんか抽象的だな」

 

スピ「大体合ってればいいんだよ」

 

スピ「じゃ、レイ、俺を真ん中に持っていってくれ」

 

ウケ「ほい」

 

(ウケ、スピを真ん中に)

 

スピ「(咳払い)では、これる人が全員揃ったところで、クイズを始めます!」

 

(イェーSE)

 

スピ「今から私に関するマルバツクイズを行います。マルだと思う人は私から見て右にバツだと思う人は私から見て左に立ってください」

 

ウタ「私から見て、って、そもそもスピーカの顔ってどっちだよ」

 

スピ「じゃあそれでいいぜ、問題、スピーカの顔はどこでしょう?顔だと思う方に立ってね」

 

スピ「チッチッチッチッチチーン」

 

スピ「みなさんそこでいいんですね」

 

コワ「普通に考えたらここじゃないの?(正面)」

 

ウケ「僕もそう思う(正面)」

 

シツ「名前が書いてある方が前だよ、こっちが顔じゃない?(後ろ)」

 

ウタ「裏の裏をかいて、横長の体の向きで、こっちが顔じゃね?(上手側)」

 

スピ「正解はーそこです」

 

ウタ「どこだよ」

 

スピ「裏返したところにあります」

 

ウタ「どれどれ?」

 

(ウタ、持ち上げると底面に「顔」と書いてある)

 

スピ「ということで、正解は底面でしたー」

 

シツ「あんなに偉そうな感じなのに、低姿勢なんだね……」

 

ウタ「もういいよ、もうちょい楽しいやつにしてよ」

 

スピ「後49問あったんだけどな…じゃあ諸王特待しクイズに参ります!同時になる音を聞き分けて、みんなで聖徳太子になろう!」

 

スピ「第一問です、第一問は3つです」

 

スピ「それではいきます」

 

スピ「みつりん/げきりん/ふうりん」

 

(他の四人集中して聞いている)

 

コワ「みつりん、げきりん、ふうりん」

 

ウタ「みつりん、げきりん、ふうりん」

 

シツ「みつりん、げきりん、ふうりん」

 

ウケ「みつりん、げきりん、ふうりん」

 

ウタ「こういう問題で最後の部分が全部りんになることなんてある?げきりんじゃなくて、げきちんで」

 

スピ「正解はーみつりん、げきりん、ふうりん、でしたー、全員正解です!」

 

ウタ「最初の方だったか〜」

 

シツ「残念だったね」

 

ウタ「くそ、スピーカ二問目を頼む」

 

スピ「二問目は長くなります」

 

スピ「ミケランジェロ/アリストテレス/織田信長

 

ウタ「もう一回お願い」

 

スピ「いいぜ、ミケランジェロ/アリストテレス/織田信長

 

シツ「私は一回で聞けたよ」

 

コワ「ミケランジェロ、アリなんとかかんとか、織田信長

 

シツ「ミケランジェロ、アンジェラアキ、織田信成

 

ウタ「ミケランジェロアリストテレス織田信長

 

ウケ「ミケランジェロアリストテレス織田信長

 

スピ「正解はー、ミケランジェロアリストテレス織田信長、でした」

 

ウタ「ヘイヘーイ、何が『私は一回で聞けたよ』だよ」

 

シツ「うるさい、次は見てろよ〜」

 

ウタ「これ面白いね〜」

 

コワ「そうだね、思ったより盛り上がるね」

 

ウタ「ところでさ、スピーカ、それ、どうやってやってるの?」

 

スピ「同時に音を鳴らすくらい、余裕だぜ。俺はスピーカーだからな」

 

ウタ「ってことは、もしかして一人でカエルの歌の輪唱、できるんじゃねえの?ちょっとクイズ一回中断して、やってみてよ」

 

スピ「できるぜ、少し時間かかるけど」

 

(スピ、シュ~的SE)

 

ウケ「どうした?」

 

スピ「そろそろお別れの時間みたいだ…… あんなところに放置されていたし、壊れかけなんだろうとは思っていたが……」

 

コワ「そんな……」

 

シツ「私たち、せっかく仲良くなったのに……」

 

ウタ「これからも一緒に遊ぼうぜ!」

 

スピ「最後に人に囲まれて幸せだったぜ……」

 

ウケ「この三日間のことは忘れないからな」

 

スピ「スーハースーハースーハー(デクレッシェンド)」

 

ウケ「もうスピーカは遠いどこかに行ってしまったんだな」

 

シツ「そんなことないよ、スピーカは私達のここにいるよ」

 

コワ「そうだよね」

 

ウケ「明日、こいつをリサイクルゴミに出そうと思う、そうしたらまた部品として何かに使われて、また人に囲まれることができる」

 

シツ「粗大ゴミじゃないの?」

 

ウタ「え、違うだろ……というか、待てよ?」

 

コワ「どうしたの?」

 

ウタ「そもそも、スピーカって死ぬのか? 修理すれば生き返るんじゃね?」

 

シツ「確かに、じゃあとりあえずドライバーで分解してみようか」

 

コワ「やめた方がいいよ、変な感じになって祟られたら大変だよ」

 

ウケ「スピーカは祟ったりしないと思うけど」

 

ウタ「でも修理したとして、元のスピーカに戻るのかな? ただの機械になったり、そもそも人格変わっちゃうかも」

 

シツ「そんなことは今考えても分からないよ、とりあえずできることやってみようよ」

 

ウケ「電気店行って、店員さんに聞いてみよう」

 

(ウケ、靴履いて下ハケ)

 

シツ、コワ、ウタ「うん」

 

(ウタ、シツ、コワ靴履いて下ハケ付近)

 

(暗転)

 

【第十六場】 電気店前with 皆

 

(フェードイン)

 

(コワ、ウタ、シツ、ウケ、下イン)

 

コワ「瞬殺されたね」

 

ウタ「まさか電池式だから、電池を交換してください、と言われるだけとはね」

 

シツ「自分でやった方が早かったね」

 

ウケ「まあでも電池は新しく買ったし」

 

(ウケ、スピーカーの電池を変えるアクト)

 

スピ「……スーハースーハースーハースーハー(クレッシェンド) あれ?」

 

コワ「やった、生き返った」

 

シツ「私たちのこと、わかる?」

 

スピ「そうか、みんなが助けてくれたんだな」

 

ウタ「心配かけやがって」

 

ウケ「よかったな」

 

スピ「ありが」

 

スピ「かーえーるーのーうーたーが」

 

(スピーカーだけ歌っている)

 

シツ「そういえばここで電池が切れたんだったね」

 

ウケ「おかえり、スピーカ」

 

ウタ「かえるの歌だなんてシャレが効いてるね」

 

コワ「こうやって聞くとかえるの歌って懐かしいね」

 

(キヅカヌ、鼻歌でかえるの歌歌いながら(シンクロ)上イン、下ハケ)

 

(四人、顔合わせてフフフ)

 

シツ「こんな偶然もあるんだね」

 

コワ「ね、びっくりだよ」

 

ウタ「じゃあ、かえるか」

 

ウケ「明日からもよろしくな、スピーカ」

Kind of kindness

主人公:特に拾おうと思ったわけではなく、近くに転がってきたからなんだろうと思って拾った的な

A:一つ果物を盗んだがもう一つは返した。利己的な優しさ

B:生粋の優しい人、だけど流されがち的な

C:優しいというよりは正しくありたい人的な

優しい人設立者:好奇心半分でやっただけ

前説の人:校長先生っぽい格好

 

 

前説の人「(注意事項など、云々カンヌン)遅れましたが、新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。これにて式辞を終わります。では、一同起立、礼。」

 

(最前に座る主とB、起立して礼をする)

 

前「では、以上です」

 

(周りざわざわorざわざわSE)

 

(両ハケからA、C客席から両手に分かれて客席をぐるっと一周しながら主とB登場)

 

主「入学式終わった〜」

 

主「しかし、驚いたな〜まさかスーツ着てるのが自分だけとは〜」

 

(歩くアクト)

 

設立(ハケ裏)「あっ!」

 

(下手からみかんコロコロ)

 

主「なんだこれ、みかん……?」

主「なんか貼ってある……QRコード?」

 

(設立、下手in)

 

設立「拾ってくださってありがとうございまーす」

 

主「ああ、はい、どうぞ」A「ほいよ、」B「どう……ぞ…」

C「こちら落とされましたよ」(それぞれ適当なタイミングで)

 

設立「いや、返さなくても良いですよ。それはあげます」

 

設立以外「え?」

 

設立「おめでとうございまーす、皆さんはグループ、“優しい人”に参加する権利を獲得しました〜」

 

主「どういうことですか?」

 

設立「私、昔からやってみたかったんです、果物落として拾ってもらうやつ」

 

A「その気持ちは分かるわ〜」

 

設立「実際に出来て心晴れやかです〜」

 

C「で、それとそのグループになんの関係が?」

 

設立「拾ってくれた人となんらかの縁を持ちたいなと思いまして」

 

B「意味が分からないわ……」

 

設立「それでは私は失礼しまーす、ドロン!」

 

(暗転、設立者ハケ

 

B「私、今無視されま」

 

(ドロン!の音)

 

(明転)

 

C「はあ……困るわ、私みかん嫌いなのよね」

A「お!これ、俺みかん好きなんだー、イェイ!」

 

A「え、じゃあちょうだい!」

 

(C目が合う。Cは少し嫌そうな感じの顔。A、Cから果物もらう)

 

主「あれ?さっき隣の席にいた方ですよね?」

 

B「え、ああ、はい」

 

主「ごめんなさい、僕汗っかきで。肩組むとき迷惑じゃなかったですか?」

 

B「いや、別に大丈夫でした……」

 

A「そこの二人は知り合いなの?」

 

主「さっきの入学式で隣同士だったという関係です」

 

A「じゃあ、ほぼ友達みたいなもんだね」

 

C「そんなことはないでしょう」

 

A「いやいや、隣の人の人となりは分かるでしょ」

 

主「あなた達二人はどんな関係なんですか?」

 

A「さっき、みかんについての意見でハモった仲だよ、ほぼ友達だね」

 

C「全然違います、というか内容は真逆だったじゃないですか」

 

A「え、でもタイミングは一緒だったよ?」

 

主「仲良いんですね……」

 

C「そんなことありません!」

 

(少しの間)

 

主「しかしなんだったんですかね、さっきの人は……」

 

C「怪しい感じでしたね……」

 

B「都会って怖いですね……」

 

A「QRコード読み込めたぜ!LINEのグループに繋がってるみたいだ」

 

主「なるほど……(少しの間)入り……ますか?」

 

C「はいりませんわよ、胡散臭いじゃないですか」

 

B「私もやめたほうがいいと思います……」

 

A「入ろうよ、なんか面白そうじゃん。大学生っぽいし。」(主と肩を組む)

 

B「え、じゃあ……入ろう…かな…?」

 

C「そもそも、あなたがこのグループに入る資格はないのではなくて?」

 

B「そうですよね……すみません!」

 

C「いや、あなたの方ではなくて……あれ?どこ行ったのかしら?」

 

A「しかくを取るなら〜〜ユーキャン!!」(近くのハケから出ていきた反対ハケから背後を取り、驚かす)

 

B「うわあ!」

 

C「くだらないことをしないでください。」

 

A「あんた、いやに不機嫌だねえ、どうしたんだい?」

 

C「私は見ていたんですよ、あなたがみかんを二つ拾ってそのうち一つを盗んだところを。」

 

A「え、そんなことしてないよー、まさか〜」

 

C「いや、私は確かに見ました、あなたがその右のポケットに入れるところを。」

 

A「あはは、見られてたか〜、ごめんごめん。でもあの人は僕たちにくれるって言ったんだからいいじゃないか」

 

C「それは結果論でしょ、あなたはそれを言われる前に盗んでいたじゃない」

 

A「でも俺が拾わなかったら側溝に落ちてたぜ。俺がいようといまいとみかんは返ってこなかった」

 

C「それを言うならあなたが拾おうと拾わまいとあのみかんはあなたのものにはなりえないわ」

 

B「喧嘩は! やめましょうよ……」

 

主「そうですよ、そんなに白熱することでもないでしょう」

 

A「だってよ、落ち着こうぜ」

 

C「あなた達は、まさかこの人の味方をするつもりなんですか!」

 

B「そういう訳ではないですけど……」

 

主「今ここで、それを議論したところでしょうがないじゃないですか、実際に今、みかんはこの人のものになっている訳ですし」

 

A「だってさ」

 

C「そうですか、では失礼します。」(足早に立ち去る)

 

(A、Cを掴む)

 

A「待ちなよ、どうせなんだからこの4人で校内探索しようよ」

 

A以外「え、」

 

A「どうしたんだよ、みんなして」

 

B「私たちの学部、キャンパス違うじゃないですか……」

 

主「ここの構造を知って意味ありますか……?」

 

C「それに今は新歓時期でキャンパス内混んでいますし」

 

A「え、キャンパスここじゃないの!?」

 

主「はい、我々のキャンパスはもっと山奥の田舎キャンパスですよ」

 

A「そんな〜〜〜〜 夢のキャンパスライフが〜〜〜」

 

C「そんなことも知らずに受験したんですか?まったく……」

 

(Aしばらく項垂れる、主はなんとなく介抱)

 

C「では」

 

(Cが去るのに被せるように)

B「でも! 何かしたいですよね。あれだけ人がいる中でみかんを拾った人間はこの4人しかいなかったわけですから……」

 

主「確かに、そうですね」

 

C「まあ一人は完全に不純な動機で拾っていましたけどね」

 

A「言ってくれるじゃない、そういうあんたはなんで拾ったのさ」

 

C「困っている人がいたら助けるのが人間の正しい在り方でしょう?」

 

A「ふーん、真面目だねえ、まあ実際にはあの人は困っていなかったわけだけどね」

 

主「今回みたいな場合は稀だと思いますけど」

 

B「そうですよ、あんな人は滅多にいないですよ……」

 

C「それに私の行動によってあの人は困った事態にはなってないじゃありませんか」

 

A「分からないよ、今回はそうなっていないだけで君の正しさは独りよがりかもしれないわけじゃん? 嘆きたい人を慰めたり、死にたい人を助けたり」

 

B「でも、その正しさに救われる人も、いると思います……」

 

主「そうですよ。そういう人間を大事に思う人だっていますよ」

 

A「いや、否定する気は微塵もなかったんだけどね、誤解させちゃったかな?ごめん、ごめん」

 

(少しの間)

 

A「あなたはなんで拾ったんだい?」

 

B「私は『あっ!』という声が聞こえたので振り向いたら、みかん落としていた人と目が合ったので……」

 

主「っぽいですね〜」

 

C「そういう言い方は失礼ではありませんか?」

 

B「別にいいですよ、言われなれていますし」

 

A「へー、まあ正直そんな感じはしていたけど。最後のあなたは?」

 

主「私は、視界の端にオレンジ色の物体が見えたので、なんだろう?と思って手にとっただけです」

 

C「じゃあ床に転がっていたものを拾っただけってことですか?」

 

主「そういうことに……なりますね……」

 

B「全員、理由が違うんですね……」

 

A「面白いね〜」

 

(少しの間)

A「で、結局この“優しい人”っていうグループに入る?俺はとりあえず入るだけ入ってみるかな」

 

C「私は入りませんよ、個人情報が漏れるのは嫌ですし」

 

B「私もやっぱり怖いのでやめておきます」

 

主「僕は家で考えてみます、サークルでもなんでもないただの集団って逆に価値のあるようなものである気がしますし」

 

A「ふーん、そっか。じゃ、解散にしようか」

 

B「思ったより皆さんいい人そうで、少し安心しました。」

 

C「あなたとは、また少し話したいです(Bを見ながら)、では」

 

主「さようなら〜。また会うことがあればよろしくお願いします」

 

【帰り道】

(暗転、ハケ近くで喋り喋ってる人にスポット当たってる感じ)

 

B「優しさってなんだろう、私は状況に、流された、だけ?」

 

A「そこそこ相手のためになればそれでいいんじゃないかな?」

 

C「正しさは人間を救ってくれると私は思っている」

 

主「僕は特に、何も考えず、ただの条件反射みたいなものだった」

 

B「私は本当に優しい人間なの?」

 

A「まあ、優しいと言われたなら、それはそれでいいかな」

 

C「正しさと優しさはきっと少し違うものなのだと私は思う」

 

主「優しい気持ちが伴っていない親切は優しさなのかな?」

 

全員「でも、あの時、なんだか暖かい、暖かい、そんな感じがしたんだ」

 

主「それは…春のせい…?それとも…?」

 

【学校】(椅子の方向は客席と同じ方向、喋るときは横を向き、顔が見えるように)

(主、上手in)

 

主「あれ?あなたはあの時の……」

 

A「奇遇だね〜」

 

主「あれ、隣にいるのは……」

 

C「彼が勝手に隣に座ってきただけです。それだけです」

 

主「なるほど〜」

 

(少しの間)

 

A「そうだ、君も入ってよ、あのLINEグループ」

 

主「えっ、あー、あの“優しい人”とかいうやつですよね?」

 

A「そうそう、今あの果物落とした人と俺の二人しかいなくてさ〜、この人(C)には断られちゃってさ〜」

 

主「なるほど、というか落とした張本人も入ってるんですね……」

 

A「そうなんだよ、同じこと気になって本人に聞いたら、人の優しさが分かるのもまた優しさだ、らしいよ」

 

主「あー、まあ確かにそうかもですね。そういうことなら私もとりあえず入ってみます」

 

A「よし、(Cに)というわけだけど改めてどうだい? これで半分も入ったぜ」

 

C「まだ半分しか入ってないじゃない、もう一人の子(彼/彼女)も入るなら考えます」

 

(主「おー」みたいな反応)

 

C「(主を見て)考えるだけですよ」

 

A「あの子の連絡先持ってないの?」

 

主「はい、残念ながら。でも普通持ってなくないですか?」

 

A「え、そう? 俺は隣の人と連絡交換したよ〜」

 

主「流石ですね……」

 

(少しの間)

 

A「さて(時計など確認)、これから必修の授業だねえ、楽だといいけど」

 

(C、カバンの中ガサゴソ)

 

C「すみません、筆記用具貸していただけますか?」(主の方見て)

 

主「ごめんなさい、今日シャーペンも消しゴムも一つしか持っていなくて」

 

A「ほらよ」(シャーペンを投げる)

 

C「いえ、あなたからは貰いたくないです、というかあなたも一本しか持ってないじゃないですか」

 

A「俺はいいよ、代わりにあとでノート見せてくれれば」

 

C「全く、あなたは……」

 

A「じゃあ、後で」

 

(C、Aの腕を掴む)

 

C「待ちなさい、ノートは見せてもいいわ、その代わりに授業はきっちり受けましょうね」

 

A「あはは、参ったな〜しょうがない、それでいいよ」

 

(C「まったく、初回からサボろうなんて良い度胸してますね」A「初回なんてガイダンスみたいなことしかやらないっしょ」的なセリフじゃないけど言ってそう)

(教授、入ってくるまたはハケ裏から声のみ)

 

教授「席は決まっているので、これの通りに座り直してください」

 

A「あ、俺席ここじゃん、ラッキ〜」

C「私の席は変わらないままね」

 

AC「え!?」

 

A「新学期早々運が良いな、俺たち」

C「新学期早々運が悪いわね」

 

主「あはは、やっぱり仲良いですね」

 

C「よーくーない」

 

主「へへ、すみません、あ、私、前の方です。では」

 

(A、主の腕を掴む)

 

主「なんですか?」

 

A「これからよろしくな」(手を差し出す)

 

主「よろしくお願いします、(握手するといいかなあ)あなたもよろしく(Cを見ながら)」

 

(主、前の方の椅子に移動)

 

主「隣の人はまだ来てないか……」

 

(B、上手in)

 

B「ギリギリだ、席はどこ……?あそこか、あそこだ」

 

(B、主の隣に座る)

 

主「ありゃ、こりゃまた奇遇だ」

 

B「うわあ!」

B「すみません、びっくりして」

 

主「これからよろしくお願いしますね、実はあの時の4人、全員同じクラスにいるんですよ。しかし驚いたなあ、あなたの名前って」

 

教授「では、授業を始めたいと思います」

 

B「あ、授業、始まりますよ、その話は、後で聞かせてくださいね」

 

主「そうですね、すみません」

 

B「はい、ではこれからよろしくお願いします」

 

 (おわり)

選β

そいつはそこから自由になりたかった

俺は同じところに着くだけだ

そう言って紐を切った

その日からそいつは箱になった

開閉するだけの箱

周りはそいつを見て言った

不法投棄?遊具?オブジェ?

そいつは旅に出ることにした

電車に会いに行った

いいよね、君は一人でも電車だ

僕だって線路がないと曲がれない

車に会いに行った

いいよね、君は一人でどこへでも行ける

私は地面しか動けないよ

飛行機に会いに行った

いいよね、君は空も飛べる

我は助走が必要だ、君は垂直に動けるじゃないか

そうか、確かに垂直に動けるのは俺だけだ

紐を結び直し、彼は登り始めた

横を通ったヘリコプターが紐を断ち切る

そいつは底に落ちていった

そして放たれたその魂は

あらゆるものの周りに憑くようになった

朝起きて伸びをするとき

ボタンが押され

そいつは俺を動かす

価値勝ち山の狸

勝利には価値があるという言説は誰しもが聞いたことがあるだろう。要するに勝ちは価値ということである。

 

そもそも勝利は価値のあるものに対してつけられるものだ (例えば、スポーツの試合などで勝利の条件は一般に敗北の条件より満たしづらい) という話はあるがまあそれは置いておこう。 (書いている途中に勝利の条件を満たすための動機付けが価値にあるのでは? お互い負けに行くと負ける方が難しくなるので価値が最初なのでは? などの堂々巡りの疑問が湧いた 多分独立の軸を用意してあげるとスッキリする気がするが、うまく説明できる人がいれば教えてください)

 

一方で、価値があるからこそ勝つみたいな事象もある。例えば、どれが本物の【有名画家】の高級絵画でしょう?といった問題が出されたりする。あれの解説で行われる〇〇のこの部分が非常に【有名画家】的な筆使いで〜〜という言葉を聞く度に(それがそいつっぽさがあるという話は分かったよ。そうではなく、それのどこに美しさがあるのかなどを教えてくれよ)思うのは私だけではないだろう。この場合【有名画家】に価値があるからその作品も他の作品に勝つ(この表現が適切かは分からないが)となっているだろう。

 

他にも芸能人を見かけるというただの見るという行為にも価値があるものを見たことによる価値が生まれたりするよね。芸能人(という一般的には価値がつけられた状態の人間)が絵本を書いたり、個展を開けばそれだけで付加価値はつくし、価値判断の対象にもなることができる。

 

芸能人への恨みとかではなく、価値あるものにまた価値が集まるという事実、資本家にさらに金が集まる資本主義を憂いる人間のようにそのことをなんとなく悲しいと思っているだけである。

 

おしまい

ししゅうのしないようさん

TODOのつまり

黒く汚したレポート、中途半端な成績、ポイ捨てされた仕事、微かな記憶の予定、流れが詰まった時管

 

”ノマノレ

「こんなことしたら楽しむための管が詰まる」

「つまらない、つまらない」

「でももう管がない、くだらな…」

話すための管も詰まったらしい。

「っ……」

言葉も詰まった。

(間も……)

つまるところ……○、×、丸、罰、まるばつ、まるばつまるばつ、まるば、つまる……

 

USO

嘘笑いと空笑いの意味は同じなので当然空は嘘だということに気付いたが、それを言うことも出来ずに空虚な気分に、作りも嘘、愛想も嘘、壊疽、遅

目標的

目標、接近中!50、40、30

撃てえええええええええええええ!!!

ドーーン!ダン!バンバーン!

やったか!?

目標、 依然として進行中!止まりません!

 

これは、怪獣映画などで見られるワンシーンでありますが、これは人生にも当てはまるのではないでしょうか。

たとえば、私が憂いーリゾートのピンポンでチャンピオンに挑んで5h浪費したのは今日のことです。憂いーリゾートのピンポンのようにネットインの球のみノーバウンド判定がつき、足は止まったままで面をいじっても飛ぶ方向はほぼタイミングのみで決まってしまうようなクソゲーでさえも"「チャンピオンを倒す」を達成するとスタンプを得ることができる"という風に目標として出てしまえば乗り越えるべきものとなってしまうのだ。さながらキツネの目に入ってしまった一房のブドウのように。一度目に入ってしまえば、それが取れなくても取らなくても酸っぱいものだと思わないとやっていけなくなってしまうようなものへとなってしまうのだ。目標を達成できなくてイライラしてもそれの解決方法は目標達成以外にない。いくらムカついて、近くのソファーを蹴ったり、憂いーリモコンを投げたり、ソフトのディスクを真っ二つに折ろうが、目標を達成する以外でこの鬱憤(目標という概念に敗北させられた屈辱)が晴らされることはそうそうないのである。ソシャゲなどもそうだ。ただの作業と化したものでも目標を設置されてしまうと、なんとなくそれを達成しないといけないような気がしてしまう。もちろん、目標が悪いのではなく目標の立て方が悪いのだろうし、それを否定するつもりはない。

 目標というものは魅力的で、だからこそ自分の目的に正しく沿うように立てなければいけないということである。やるべきとかやりたいとか自分の目的のための目標を立て、それを実行していかなければならないのだろう、多分。

人生というクソゲーだか神ゲーだか人によって評価の分かれるゲームにも目標を立てるべきだという人もいて、まあそれはそれで結構なことなのだが、目標を達成するという楽しみに囚われないで生きていきたいなあなどという目的を持ちながら生きている気がするので、どうにもこうにもやんぬるかな。

このブログ、どうにも末尾が嘆きで終わってしまうのはこういうところなのかもしれない。対象を決めてそれを倒すみたいなことをしないから良くないのかな。でもそれをしたくないのだよなあ、僕は。うーむ。

TODOリストとかも達成すれば一定の快楽を得られる気がするが、それに釣られて道すがらのストレスに晒されるのが嫌なのだが、あまり生存に向いていない志向なような気もしてきた。

ともかく、目標という存在は、ゲームがクリアできずイライラしているという一文で済む内容がブログになってしまうほどのものなのである。

言語の権化

皆さん、目を閉じて想像してみてください。

 

ここで目を閉じてくれた方、目を閉じてから(これ、目を開けてくださいの指示が読めないやんけ)と思ってくれたかと思います。

さて冗談はこの辺りにして。

「右に傾く」という言葉がありますね。目を閉じても閉めてもどちらでも構いませんがこの状態について想像してみてください。

どのような状態を想像しましたか?

おそらく99%の人が右下斜めになっている状態を想像したのではないでしょうか。でもこれってよくよく考えると不思議ですよね?傾くというのはせいぜい斜めになる、程度の意味しかないはずです。何故右が"下の方に"傾くという同意が取れているのか。勿論、そういう意味だから。という答えもありましょうが、なぜこのような意味になったのか考えた結果以下の仮説が得られました。

通常、まっすぐなものが良いもの、傾いているものが悪いものという意識があり、かつ上と下では上の方が良いもの、下の方が悪いものというイメージがあるため、それの下の方と傾いているという概念が同一視されるようになって右下斜めの状態を右に傾く、と表現しているのではないか。

これ、右回り左回りにも同じ話が言えますね。丸というのは上の方で右に行く場合は当然下の方では左に行ってるわけですが、上の方を右回り左回りの基準にするのは同じような理由(上の方が下より偉いという人間の根幹的な感覚)なのでしょう。まあ人間は古来より、空や宇宙に夢を追いかけてきましたし、社長は上の階の方を自分の仕事部屋にしますし。納得はいきましょう(勿論、深海や地下などが好きな人もいるので一概に言い切ることはできませんが)。

 

さて、言葉と行動が密接に関わっているのだなあなどとなんとなく思ったわけですが、すると現代における言語というものはもしかすると人によって解釈がバラバラとなって行く時代なのではないかとも思うわけです。

例えば「こ」という文字を打つとき。「こ」がkとoを押した結果のものなのか、それとも「か」を下にずらすのかで見方は大きく変わる可能性があります。勿論、鉛筆で「こ」と書いていた時代も人それぞれ字の汚さやバランスは異なっていたでしょうし、同じ人でも一回として全く同じ「こ」は書けないわけでそういう意味では本当に統一された「こ」があるか、という話にもなるわけでございますが。その辺は私には分からないというかもし、そこを認めてしまいますと独今論、ひいては規範や経験の否定となってしまうわけでそこは今回話したいこととはそれるので割愛いたします。

 ということで言語だけでなく行動も大事だなあと思いました。例えばボードゲームをするときに戦略も大事だが、それと同じくらい普段の性格や行いによる補正もかかってしまうように。

 

exandreal.hatenablog.com

 

 で軽く述べた話に戻りました。またここに戻ってしまった。うむ。