ししゅうのしないようさん

TODOのつまり

黒く汚したレポート、中途半端な成績、ポイ捨てされた仕事、微かな記憶の予定、流れが詰まった時管

 

”ノマノレ

「こんなことしたら楽しむための管が詰まる」

「つまらない、つまらない」

「でももう管がない、くだらな…」

話すための管も詰まったらしい。

「っ……」

言葉も詰まった。

(間も……)

つまるところ……○、×、丸、罰、まるばつ、まるばつまるばつ、まるば、つまる……

 

USO

嘘笑いと空笑いの意味は同じなので当然空は嘘だということに気付いたが、それを言うことも出来ずに空虚な気分に、作りも嘘、愛想も嘘、壊疽、遅

目標的

目標、接近中!50、40、30

撃てえええええええええええええ!!!

ドーーン!ダン!バンバーン!

やったか!?

目標、 依然として進行中!止まりません!

 

これは、怪獣映画などで見られるワンシーンでありますが、これは人生にも当てはまるのではないでしょうか。

たとえば、私が憂いーリゾートのピンポンでチャンピオンに挑んで5h浪費したのは今日のことです。憂いーリゾートのピンポンのようにネットインの球のみノーバウンド判定がつき、足は止まったままで面をいじっても飛ぶ方向はほぼタイミングのみで決まってしまうようなクソゲーでさえも"「チャンピオンを倒す」を達成するとスタンプを得ることができる"という風に目標として出てしまえば乗り越えるべきものとなってしまうのだ。さながらキツネの目に入ってしまった一房のブドウのように。一度目に入ってしまえば、それが取れなくても取らなくても酸っぱいものだと思わないとやっていけなくなってしまうようなものへとなってしまうのだ。目標を達成できなくてイライラしてもそれの解決方法は目標達成以外にない。いくらムカついて、近くのソファーを蹴ったり、憂いーリモコンを投げたり、ソフトのディスクを真っ二つに折ろうが、目標を達成する以外でこの鬱憤(目標という概念に敗北させられた屈辱)が晴らされることはそうそうないのである。ソシャゲなどもそうだ。ただの作業と化したものでも目標を設置されてしまうと、なんとなくそれを達成しないといけないような気がしてしまう。もちろん、目標が悪いのではなく目標の立て方が悪いのだろうし、それを否定するつもりはない。

 目標というものは魅力的で、だからこそ自分の目的に正しく沿うように立てなければいけないということである。やるべきとかやりたいとか自分の目的のための目標を立て、それを実行していかなければならないのだろう、多分。

人生というクソゲーだか神ゲーだか人によって評価の分かれるゲームにも目標を立てるべきだという人もいて、まあそれはそれで結構なことなのだが、目標を達成するという楽しみに囚われないで生きていきたいなあなどという目的を持ちながら生きている気がするので、どうにもこうにもやんぬるかな。

このブログ、どうにも末尾が嘆きで終わってしまうのはこういうところなのかもしれない。対象を決めてそれを倒すみたいなことをしないから良くないのかな。でもそれをしたくないのだよなあ、僕は。うーむ。

TODOリストとかも達成すれば一定の快楽を得られる気がするが、それに釣られて道すがらのストレスに晒されるのが嫌なのだが、あまり生存に向いていない志向なような気もしてきた。

ともかく、目標という存在は、ゲームがクリアできずイライラしているという一文で済む内容がブログになってしまうほどのものなのである。

言語の権化

皆さん、目を閉じて想像してみてください。

 

ここで目を閉じてくれた方、目を閉じてから(これ、目を開けてくださいの指示が読めないやんけ)と思ってくれたかと思います。

さて冗談はこの辺りにして。

「右に傾く」という言葉がありますね。目を閉じても閉めてもどちらでも構いませんがこの状態について想像してみてください。

どのような状態を想像しましたか?

おそらく99%の人が右下斜めになっている状態を想像したのではないでしょうか。でもこれってよくよく考えると不思議ですよね?傾くというのはせいぜい斜めになる、程度の意味しかないはずです。何故右が"下の方に"傾くという同意が取れているのか。勿論、そういう意味だから。という答えもありましょうが、なぜこのような意味になったのか考えた結果以下の仮説が得られました。

通常、まっすぐなものが良いもの、傾いているものが悪いものという意識があり、かつ上と下では上の方が良いもの、下の方が悪いものというイメージがあるため、それの下の方と傾いているという概念が同一視されるようになって右下斜めの状態を右に傾く、と表現しているのではないか。

これ、右回り左回りにも同じ話が言えますね。丸というのは上の方で右に行く場合は当然下の方では左に行ってるわけですが、上の方を右回り左回りの基準にするのは同じような理由(上の方が下より偉いという人間の根幹的な感覚)なのでしょう。まあ人間は古来より、空や宇宙に夢を追いかけてきましたし、社長は上の階の方を自分の仕事部屋にしますし。納得はいきましょう(勿論、深海や地下などが好きな人もいるので一概に言い切ることはできませんが)。

 

さて、言葉と行動が密接に関わっているのだなあなどとなんとなく思ったわけですが、すると現代における言語というものはもしかすると人によって解釈がバラバラとなって行く時代なのではないかとも思うわけです。

例えば「こ」という文字を打つとき。「こ」がkとoを押した結果のものなのか、それとも「か」を下にずらすのかで見方は大きく変わる可能性があります。勿論、鉛筆で「こ」と書いていた時代も人それぞれ字の汚さやバランスは異なっていたでしょうし、同じ人でも一回として全く同じ「こ」は書けないわけでそういう意味では本当に統一された「こ」があるか、という話にもなるわけでございますが。その辺は私には分からないというかもし、そこを認めてしまいますと独今論、ひいては規範や経験の否定となってしまうわけでそこは今回話したいこととはそれるので割愛いたします。

 ということで言語だけでなく行動も大事だなあと思いました。例えばボードゲームをするときに戦略も大事だが、それと同じくらい普段の性格や行いによる補正もかかってしまうように。

 

exandreal.hatenablog.com

 

 で軽く述べた話に戻りました。またここに戻ってしまった。うむ。

コイントス十連続と従属人生とす

コインを10回投げると10回連続で表が出た。次に投げるときに表が出る確率はいくつか?答えは確率1/2だ。

これは今ではもう当たり前の話のように思われているだろうが、十一連続で表を出す確率も十連続表の後裏を出す確率も共に(1/2)^11の事象には変わりないのだ。しかし、人間は過去を結果として受け止める。すると十連続表の後の裏は十回表と一回裏というお話になり、起こる確率は11倍になるわけである。

さて、話は変わるがこの間、電車で6駅、20分のところに向かっていた時に、(今3駅通って10分経過した。残りは何駅で何分?)と思ったのが何故かこれと似たような話に感じた。

あるいは人生も。今二十年連続、どちらかといえば幸せな時間を過ごしてきた。ではこれから一年幸せな時間を過ごせる確率はいくつ?1/2

いやいや、これはフェイクで。人生は従属事象だ。多分。

自己照会

初回で自己紹介していなかったのでそれを今更するというような話です。

呆れ霹靂です。人生とは余分なものと現実からできていると思っています。まあこれがexandreAlの意味ですね。他にも意図はありますがまあここで語るようなことではございません。気付いている方ももしかしたら既にいらっしゃるかもしれませんが。

 個人的には余分なものの方が大事だと思ってます。勿論、私がとりあえず食うことに困ってないからこんな甘ったれたことを言えるのでしょうけどもね。欲も余ったれていますし。もっと切羽詰まると多分現実の方が大事になるのだと思われます。まあそういう意味では私の言説など取るに足らないのかなあ、と。まあ別に取るに足りなくても困ることはきっとないのでしょうけれど。

今まで、絶対的なものは存在しないと思いながら過ごしてきました。人間万事塞翁が馬、という言葉の意味的な捉え方が一番他人と共有しやすいかなと思います。もっと言えば、そもそも悪いものが本当に悪いのかという懐疑は結局捨てることはできませんでした。ここら辺は循環論法とかそもそも定義そのものだろとかそういう答えになるとは思うんですけどね、個人的にはしっくりこなかったのでこうなってるわけなんですけどね。

良いとか悪いとかではなく自分の内なる意志に従うというものを私の行動指針(勿論これに従いたくないという気分になればそれも認めるくらいの束縛力ですが)としていこうみたいな感じですね。

という訳でこれにて自己の照会作業はおしまいです。

何か書き損ねたと思ったら加筆します、では。

ししゅうのしないように

よい

良い曲だと思ったものに首を傾げたくなる大サビ、良い詩だと思ったものに蛇足のフレーズ、身から出たサビだ、即取り消し。なんてすることは出来ず。

 

 どうこう

自分がどこにいるか分からなくて「どーこ?」と呟いた。繰り返し繰り返し、絶え間なく、呟いた。だんだん鼓動が聞こえてきた。僕はここにいる。

 

 ⊃幼

ムカつくという感情も濁りきってしまえば無がつくとなり、関心は無関心に、感動は無感動に、無表情に無感覚になってしまう。

 

士気

死期の四季も選べず、軋む希死念慮、彼岸を僻んで此岸を志願、心刺すとも世殺さず、横たわっても無い予行、再々求める指揮と式、

 

G式

最近自分が自分でない気分になってしまう、体の無い魂と自意識だけを解放した存在になりたいとさえ

 

旋風木

暗闇の中の止まった扇風機ほど怖ろしいものはない、風を切り刻むお前は今夜は何を切り刻む?きょとんとした顔をしているがお前のその大きく広げた五本の手からは誇らしさが滲み出ているぞ、さあ、回せ回せ、千切りにしてしまえ、そこに浮かぶは一輪の花形かい?

 

 

Re:生きろ 

メールが届いた。件名に生きろと書いてあった。どう生きればいいのだろう?懸命に生きればいいのか、賢明に生きればいいのか。

 

課業がツ

蚊がついたので思い切り叩いた——気が付いた。九月になっていた。怪我疲れ怠さ。孤がついにやってくる。 これがかの時の流れ。

存在とは無限に発散した自己のメタ思想の極限な気がする

自分のことが好きとか「自分のことが好き」な自分が嫌いとか「『自分のことが好き』な自分が嫌い」になれるところが好き、とかその辺をlim,鍵括弧の数→∞にした結果が存在するってことなんじゃないかなあなどと思った。